音楽制作社

作曲家、作詞家、パフォーマー、DJ、アレンジャー、プロデューサー、クリエーター、音楽出版社、レコードレーベル、デジタル・ディストリビューター、著作権管理事業者、著作権管理団体のみなさま、ご一緒ください。

スタジオ・ミュージシャン

自主制作の楽曲、委嘱楽曲、未発表作品などの、ラジオやテレビ放送での使用頻度、貢献度がとても高いことにわたしたちは注目しています。このようなコンテンツを使用した広告にも本来は著作権使用料が発生します。これらのコンテンツのどこかで使われる限り、フィンガープリント技術が追い続けて検知します。

レーベル、音楽出版社、デジタル・ディストリビューター

楽曲の利用報告において、なにより重要なことは、正しい権利者情報が報告されることです。世界中の何千ものチャンネルを、音声認識システムを用いてモニタリングし、再生履歴レポートを作成しています。そのチャンネルひとつひとつの利用状況の把握が、転じて、音楽制作者、レコードレーベル、音楽出版社、デジタル配信会社の収益に変わります。コンテンツ・ホルダーや著作権所有者と直接パートナーシップを結ぶことが重要だと考えています。わたしたちのデータベースには、いまや7,200万曲以上がフィンガープリント化され、毎月新たに100万曲以上が追加されています。